2021/05/02 福岡エリア波|前日から強まった西寄りの風波が終日続き風かわすポイントは遊べる

123です。

県外への移動が自粛となっているGW。

前日からの風波がこの日も朝からありそうだったので、海は人が多くなりそうな世の中の雰囲気。

できるだけ混雑避けたかったので、早朝狙いでいってきました。

 

天気図

出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)
出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)

福岡波情報

天候:晴れ

・汐入川河口
午前:腰前後▼20 午後:腹~胸▼20

・波津漁港
午前:ヒザたまにモモ▼20 午後:腰前後▼20

・釣川河口
午前:腰前後▼20 午後:腰前後▼20

・三苫
午前:肩近く▼20 午後:腹~胸▼30

・奈多
午前:胸~肩△40 午後:腹前後▼30

・二見ヶ浦
午前:腹たまに胸▼20

・大口
午前:腹前後▼20

・野北
午前:腹前後▼20 午後:腰~腹近く▼30

・芥屋
午前:腹前後▼20 午後:腹前後▼30

波伝説より

123情報

低気圧通過後の気圧の谷の影響で西北西の風が朝から吹いてました。

夜明けも早くなり天気がいいと5時には海に入れるぐらいの明るさになりましたね。

どこにも行けないGWなので、海は混雑するだろうと思い早朝到着。

海はすでに数十名のサーファーがいました。

早々と着替えて海へ。

海はアウトのほうでセット胸ぐらいの波が時折入ってくる感じ。

西からの風と波で海向かって右へのカレントと波数も多めで初心はゲットしんどいコンディションでした。

 

ポジション良くのればレフトもライトもありです。

厚かったり、タル早めだったりと変則的なブレイクで私は上手く波に合わせられずでした。

 

この日も海から拝む朝日は最高に綺麗でした。

やっぱりこの時間帯に入るのが気持ちよくて個人的に好きです。

数本遊べる波に乗る事はできました。

変則的ながらも滑れそうな角度のあるポジションを右往左往しました。

例年だと波が乏しい福岡なのでGWは宮崎トリップなど行く方が多いですが、今年は自粛せざるを得ない状況。

そんな状況下の福岡サーファーには恵みの波でした。

終日波も落ち着いてポイント選べば遊べていたので★3にしてます。

思えば去年の5月は一回目の緊急事態宣言でサーフィンも自粛していた事を考えると、今年はまだ海に入れるだけ去年よりも動けるGWにはなっているのかなと。

まだまだ感染者数も多くて油断ならない状況なので、引き続き感染対策しながら普段の生活&サーフィンをしていこうと思いますm(__)m




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご覧いただきありがとうございます

福岡在住、年間150日以上はGoPro持って海にいます。サーフィン備忘録的に始めたブログですが、波乗りに関する情報と波が無い日は本読むのが好きなので本ネタなどをアップしていきます。

ここでの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです!