2022/01/12 福岡エリア波|北西風軽減するポイントでサーフィン可能、NEWウェットを初おろし

123です。

前日後半の爆風は少し弱まったものの、引き続き北西風が吹いてました。

ウネリの向きは北東方向で、風とうねりの向きがあうポイントでは遊べていたようです。

私は近場のポイントで仕事前の短時間サーフ。

この日、ついに新しいセミドライを初おろし。

やっぱり新しいウェットスーツは超快適でした。

 

天気図

出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)
出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)

福岡波情報

天候:晴れ

・汐入川河口
午前:胸肩~頭▼20 午後:胸~肩前後▼20

・波津漁港
午前:胸~肩前後▼30 午後:胸前後▼30

・釣川河口
午前:胸肩~頭近く▼20 午後:胸~肩▼20

・三苫
午前:胸前後▼20 午後:胸▼20

・奈多
午前:腹~胸▼20 午後:腹~胸▼20

・二見ヶ浦
午前:肩~頭▼20

・大口
午前:頭前後×10

・野北
午前:胸前後▼20 午後:腹~胸▼20

・芥屋
午前:肩~頭近く▼20 午後:頭近く▼20

波伝説より

123情報

前日からの北西風は少し弱まりはしましたが、引き続き冬らしい冷たい風が吹いてます。

うねりの向きが前日の西よりから北東にシフトしてました。

前日に入ったポイントはうねりの向きがいまいちだったので、この日は違う風かわしポイントへ。

ボードはまたもチャネルアイランズBOBBYQUADをお借りしました。

  

年明けのどこかのタイミングで初おろししようと思っていた新しいセミドライスーツを、この日ついに出しました!

当たり前ですが、めちゃくちゃ快適でした。

REVOLUTIONのSHELLモデル、マテリアルはギガヒートプラス仕様です。

 

ウェットの調子の良さの詳細内容は、また掘り下げて別記事でご紹介いたしますm(__)m

そんなウェットのおかげで水温冷たいコンディションも快適でした。

波はタル早めのブレイクでワイドな波がほとんどなコンディション。

テイクオフ後にすぐ走らないと捕まっちゃうような波。

そんなタル早ダンパー波の切れ目を見つけてBOBBYQUADで遊びました。

こんなコンディションだからこそ、クアッドのスピード性能がしっかりと感じられました。

普通のトライフィンだと捕まりそうな早めセクションをグングン加速して抜けていきました。

加速感が気持ちよすぎて、やや走りすぎな感はありますが(汗)

このモデルのいい部分が垣間見れたような気がします。

いままで普通のパフォーマンスモデルに乗り込んで、そのフィーリングに少しマンネリ感がでてきているようなサーファーにいい刺激を与えてくれそうです。

こちらもまた別記事で掘り下げてみたいと思います。

 

波はポイントを選べば遊べていたので★3にしてます。

波はボチボチと続いている福岡エリア。

一月も前半が終わり、これから徐々に日の出の時間は早まり日の入りの時間は遅くなっていきます。

まだ冬雰囲気ですが、少しずつ春になっていくんですね。

連日冷たい海に入って暖かい春が恋しくなってきている123ですm(__)m




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご覧いただきありがとうございます

福岡在住、年間150日以上はGoPro持って海にいます。サーフィン備忘録的に始めたブログですが、波乗りに関する情報と波が無い日は本読むのが好きなので本ネタなどをアップしていきます。

ここでの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです!