2021/12/03 福岡エリア波|前日の北よりの波が午前中のオフショアで小波ながらも整う、後半は北西強まる

123です。

朝は南~南西のオフショアで全域で面が整った福岡エリア。

近場のポイントは小波でしたが、少し遊べました。

しかし水温が一気にさがりました。

ブーツは履きましたが、手や顔で感じる水の冷たさが前の週とは全然違う。

水温的にも本格的な冬がやってきております。

 

天気図

出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)
出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)

福岡波情報

天候:晴れ曇り時々雨

・汐入川河口
午前:腰~腹近く▼30 午後:腰前後▼20

・波津漁港
午前:ヒザ前後のうねりのみ×0 午後:ヒザ~モモ▼20

・釣川河口
午前:腰前後▼20 午後:モモ~腰▼20

・三苫
午前:ヒザ~モモ▼20 午後:腰近く▼20

・奈多
午前:ヒザ近く×10 午後:ヒザ~モモ近く▼20

・二見ヶ浦
午前:たまにモモ前後▼20

・大口
午前:腰前後▼20

・野北
午前:ヒザ~モモのうねりのみ×0 午後:ヒザ~モモ▼20

・芥屋
午前:腰~腹前後▼20 午後:モモ前後▼20

波伝説より

123情報

前日からの北寄りの波はこの日はサイズダウン。

南~南西のオフショアで海面は整った朝でした。

残った波のフェイスが整って小振りながら遊べていたポイントもあったようです。

 

私は近場のポイントをチェック。

やはり小さい…。数分間見ながら入るか悩みながらも短時間と割り切って入る事にしました。

いざ入ってみても見た目通りのモモ前後の力無い波が、満潮前後で潮多く厚く乗りにくい感じでした。

 

数回波にアプローチするもなんとか横に滑れる程度。

心の中で、今日は入ったの失敗したかも…。とテンション下がり気味になっているところに先輩サーファー登場。

Twitterでも書きましたが、先輩は先日四国でおこなわれたNSAマスター選手権に出場されてて、そのコンテストの波がスネヒザぐらいのかなり厳しいコンディションでした。

そんな先輩が入ってくるなり「この間の波に比べたら全然いい波やん!」

コンテストのお土産話を聞かせてもらいながら、サーフィンしていると確かにそれに比べれば滑れるフェイスあるかも、とちょっとポジティブにやる事ができました。

もちろん小波のままですが、不思議と先ほどテンション下がっていた時間帯よりも楽しく乗れました。

ただでさえ小さい波を自分の頭の中で更に小さくして楽しもうとしていなかったと反省しましたm(__)m

ボードはチリサーフボードのツインフィッシュSUGARのEPS仕様をお借りして、手持ちのFCS2 MICKTWINをセットして入りました。

この組み合わせがこの日の波とマッチしていたこともあり、モモ波ファンサーフ。

小波も考え方とボード次第である程度どうにかなるものですね。

しかし水温が急に下がってきました。

ブーツ着用しましたが、風が強ければ寒がりな私はキャップもあったほうがいいかもしれません。

12月に入って水温もしっかり冬に仕上がってきてきております。

 

波は北向きポイントでは午前中のオフでもう少しサイズあって遊べていたようですので、★3にしてます。

12月スタートは強弱ありながら波続いております。

例年通りならあと数回は寒波がやってくるはず。

今後も冬波期待です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご覧いただきありがとうございます

福岡在住、年間150日以上はGoPro持って海にいます。サーフィン備忘録的に始めたブログですが、波乗りに関する情報と波が無い日は本読むのが好きなので本ネタなどをアップしていきます。

ここでの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです!