2020/03/29 福岡エリア波|前日の弱い西の風波が引き続き残る

123です。

前日の弱く反応した波は乗り損ねてたので、明日は満ち込みの時間帯狙って入ろうと考えてました。

いざ当日海にいくと、すでに潮多くなっていて厚めの力無いブレイクに苦戦。

風も入ってきて波もよれてきて、ちょっと横に滑るの精一杯でした~

ただこれからの時期は贅沢も言ってられない日本海。

少しでもサーフィンできたのでよし、です!

 

天気図

出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)
出典:気象庁ホームページ ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )
「実況天気図」(気象庁ホームページより)

福岡波情報

天候:曇りのち晴れ

・汐入川河口
午後:スネ~ヒザ下×10

・波津漁港
午後:フラット×0

・釣川河口
午後:スネ前後×10

・三苫
午後:モモ近く▼20

・奈多
午後:スネ~ヒザ近く×10

・二見ヶ浦
午前:ヒザたまにモモ▼20

・大口
午前:ヒザたまにモモ▼20

・野北
午後:ヒザ前後×10

・芥屋
午後:ヒザ近く×10

123情報

朝からナウファスチェックすると、昨日に引き続き西よりの波高が少し残ってるよう。

潮周りも大潮の午前10時過ぎが満ち込みだったので、満ち込みで少しはできるかと思い着替えて海へ。

 

海に入ると思ったよりも潮が上げてて厚くダラダラブレイク。

先に来ていた先輩サーファーに聞くと1時間前はもう少し良かったとの事…。

もう少し早く来ればよかったと後悔m(__)m

 

波はモモ前後ぐらいのセットで少し横に滑れる程度でした。

ここ数日で更に気温は暖かくなり、いよいよ日本海は波が乏しい季節になってきた感が出てきております。

それだきに、この日の波も貴重なサーフィン可能なコンディション。

これから夏にかけては贅沢言わずに、やれるコンディションは極力入っていきたいと思います。

 

そんな波ではありましたが今の時期の福岡の海は、波以外にもサーファーに恵を与えてくれております。

それがこの立派なわかめ(笑)

海上がりに持って帰っているサーファーもいれば、近所の方が拾いに来ていたりもします。

ちょっと成長している感じではありますが、新鮮なので非常に美味。

我が家もしゃぶしゃぶにしたら、子供達がバク食いしてました。

 

そんな恵みある海ですが、波目線だと★2です。

 

今月残りはもう波アップする兆しはなさそう。

いっとき小休止モードですね。

その間に読みかけの本を読了せねば。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご覧いただきありがとうございます

福岡在住、年間150日以上はGoPro持って海にいます。サーフィン備忘録的に始めたブログですが、波乗りに関する情報と波が無い日は本読むのが好きなので本ネタなどをアップしていきます。

ここでの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです!