ChilliサーフボードPOPPER[ポッパー]モデルをオーバーフローで試乗した印象レビュー

123です。

Chilliサーフボードから新たにリリースされるPOPPERというボードを試乗させていただきました。

試乗ボードなのでジャストサイズではなくかなりオーバーサイズでしたが、そのサイズなりに特徴を感じることができました。

私なりの結論は、現在世界的に流行しているツインフィンの良い部分(ドライブ性やスピード性)を備えつつよりコントロールしやすく乗りやすくチューンされたモデルという印象です!

Chilli『POPPER』モデルとは

まずPOPPERリリースの一年ほど前にFIRECHIEFというツインフィンモデルがアメリカChilliでのみリリースされてました。

FIRECHIEFはツインフィンモデルSUGARを開発途中に派生してテストしたツインフィンモデル。

オーストラリアや日本でもリリースされるのかと思っていたら、世界的にリリースではなくアメリカのみ、サイトで露出でした。

そしてリチューンされて今回新たにPOPPERというモデルでリリースされます!

シェイパーのジェームス・チールも来日した際POPPERモデルを持参し、かなり気に入っているモデル。

コンセプトはユーザーフレンドリーなツインフィンモデル、ツインでもツインスタビでも乗れる非常に魅力的なボードです。

出典:チリサーフボードオフィシャルサイト

2021/11/24追記

チリサーフボードからもオフィシャルのライディング動画がアップされました。

ここでもフィンはFCS2 MRを使用していますね。

ラウンドテール特有のスムーズで綺麗なカーブが気持ちよさそうです!

123レビュー

今回チリサーフボードの試乗会で少しだけPOPPERモデル乗る事が出来ました。

テールもノーズも幅がありアウトラインは直線的なレール部分と幅広のラウンドテール、ロッカーもかなり若干エンドについている程度でほとんどフラット。

 

乗ったサイズは5’6×20×2 7/16[30.89L]

体重58㎏前後の私にはかなりオーバーサイズではありました。

 

幅広のラウンドテール。

そしてフィンポジションはご覧の通りサイドプラグがかなり後ろめの設定です。

なので普通のトライフィンというよりかは、やはりツインスタビorツインのどちらかで乗るモデルになりそうです。

センターボックスはあくまでスタビライザー専用。

 

 

試乗した時はFCS2 MRのツインスタビが装着。

 

パドルした感じは、フラットで幅広なボードは十分過ぎる浮力がありラクチン。

テイクオフも通常のショートに比べれば全然早い。

 

実際に数本乗ってみました。

ただ波はかなり小さめ(汗)

POPPER試乗した時はモモ前後のコンパクトな波でのライディングです。

乗ってみての私が感じたイメージは

・ツインのフロー感や前にドライブする感じありつつ、ルース感少なくコントロールしやすい。

・テール荷重した時の抵抗のないスムーズな乗り味。

ボードサイズが大きかったのもあると思いますが、とにかくファンサーフで楽しいボードでした。

個人的な意見ですが、普段ショートに乗っている方なら短く乗ったほうがこのボードの面白さが際立っていいんだろうなと感じました。

私だと5’2ぐらいがよさそうな気がします。

短くのると普通のショートとは違った、スケートライクなタイトターンもできそう。

 

乗っている途中でMRフィンのセンターだけ外して乗ってみました。

よりボトムに水が流れてスピード感は増したんですが、ボードコントロールのレスポンスは繊細になりました。

ちょっと踏み込みすぎるとルースしそうな感じです。

しっかりレールワークすれば問題なさそうですが、ツインで乗る場合はツインに慣れてない方はキール系の大きめフィンで乗ってみるのをオススメします!

オフィシャルサイトでもキールツインでポイントブレイクのダウンザラインスピードを楽しむ事も推奨しております。

ビーチブレイクからオープンフェイスなリーフ波まで、フィンセッティングの調整で幅広く乗り味を変えて楽しめるモデルのようです!

コントロールを重視するならツインスタビ、スピードやドライブ感を重視するならツインフィンといった具合に楽しむと良さそうですね。

こんなサーファーにおすすめかも

・ツインフィン乗ってみたいけど、できるだけ1本で幅広いコンディションを楽しめるボードが欲しい。

・ツインフィッシュとは違ったフィーリングのツインをお探しの方

・大きめボード(ロングやミッドレングス)から短めのボードに乗り換えしたい方

・できるだけ短いレングスでスケボーライクなライディング楽しみたい方

 

長年のトライフィンボードの乗り味にマンネリ化している方も、マンネリ解消の良いスパイスとなってくれるモデルかと思いますm(__)m

まとめ

正直、まだリリースしたてで海外サイトの露出も少なく、私もベストサイズに乗れてないのでポテンシャルの引き出し方は未知数。

ただコンセプト通りユーザーフレンドリーで尚且つ幅広いコンディションを楽しむ事ができるツインボードであるのは間違いありません。

 

昨今のツインフィンブームで、まだツイン購入に二の足を踏んでいるサーファーの背中を優しく押してくれるそんなモデルです!

ボードご相談はお近くのChilli SURFBOARDディーラーに!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご覧いただきありがとうございます

福岡在住、年間150日以上はGoPro持って海にいます。サーフィン備忘録的に始めたブログですが、波乗りに関する情報と波が無い日は本読むのが好きなので本ネタなどをアップしていきます。

ここでの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです!